0120-411-040 (営業時間/平日 9:00〜18:00)

収入対策×家族信託 家族の想いを叶える相続

0120-411-040 (営業時間/平日 9:00〜18:00)

これからの長寿社会の相続は「収入対策」と「認知症対策」をベースに考える時代です。

退職後の平均余命は23年

この期間をいかに豊かに暮らしつつ、資産の目減りを抑え、次世代に引き継ぐかが課題。途中には認知症の発症で資産凍結のリスクも!

高齢者の5人に1人が認知症に!

認知症は、ご自宅の売買や相続など、資産管理についても重大な影響を及ぶす大変な問題です。そんな認知症にともなう問題には「家族信託」を使えば解決することが可能です。

認知症高齢者の割合 厚生労働省研究班推計(2013)全国数462万人

収入対策

不動産を活かし、安定的・継続的に収入を得る

抜群の収益力!
東京・中古・ワンルーム

賃貸ニーズの高いマンション投資で得られる家賃収入が、生涯続く手厚い「自分年金」に

収入対策に優れた
中古ワンルームマンション投資は、
相続対策としても効果抜群

相続対策の三本柱

家族信託

家族による家族のための新しい財産管理

家族信託にできること

  • 認知症による、「資産を動かせない」状況を回避
  • 相続対策を家族の手で自由にデザイン
  • デリケートな相続の話題について、
    家族で話し合うきっかけづくり

「親が認知症になって資産がすべて凍結。
実家の処分も活用できない!」
そんな事態を防ぐために

1分間チェック!
あなたの家族信託必要度は?

診断スタート

1分間チェック!

財産には、自宅などの不動産が
含まれている。

YES

NO

財産を相続する者同士が
あまり仲が良くない。

YES

NO

資産額は、
相続税の課税対象になりそう。

YES

NO

節税のため、
生前に資産の組み換えや
不動産活用を考えている。

YES

NO

分けにくく、
相続問題になりそうな資産がある。
(事業用資産、非上場株式など)

YES

NO

相続により、
共有状態になり得る不動産がある。

YES

NO

誰が何を相続するか、
家族の間で明確な合意が取れている。

YES

NO

親兄弟と遺産について話し合うのは
難しく、気が引ける。

YES

NO

財産の所有者がすでに高齢で、
認知症になるのが心配。

YES

NO

財産の所有者に、
相続について特別な希望がある。

YES

NO

相続の権利を主張してきそうな
親族がいる。

YES

NO

財産の所有者がすでに高齢で、
認知症になるのが心配。

YES

NO

お客様インタビュー

家族の理想の財産管理・
資産継承を実現!

「東京中古ワンルームと家族信託で、
母の介護費用の確保と相続対策を両立できました」

東京都在住 R・S様 62歳

不動産管理会社の日本財託が「相続」に強い理由

  • 理由.1
    日本人の資産の半分を占め、
    相続対策の肝となる不動産が事業ベース

    収益不動産の紹介から資産の組み換え、
    売買仲介、管理まで、不動産活用をフルサポート

  • 理由.2
    専門家集団との強力なネットワーク

    コーディネーターが中心となり、税理士や弁護士、司法書士をつなぎ、お客様一人ひとりに寄り添ったトータルソリューションを提供

知っておきたい!相続最新ニュース

一覧を見る